大乱闘スマッシュブラザーズX
ピカチュウ

身軽で軽快な動き。破壊力のある電撃攻撃で一発逆転だ。
ピカチュウがモンスターボールを使うと、仲間のポケモンが助けてくれるぞ。


ボルテッカー発動中にAやBボタンを押すと、電気が光黒くなる。
だめーじUP!?

大乱闘スマッシュブラザーズX ピカチュウ大乱闘スマッシュブラザーズX ピカチュウ


大乱闘スマッシュブラザーズX完全攻略


ピカチュウについて

高い攻撃力と俊敏さを持つキャラ。
電気を纏った一撃は強烈で、重量級キャラでもまともに貰えばタダでは済みません。
また、攻撃前の隙が短く、動きも素速いのでかなり敏捷です。

しかし、非常に軽く吹っ飛びやすいため、正面から突っ込むのは危険です。
その速さを生かした戦いで敵を翻弄するのが理想。

また、電撃は強力ですが発射後大きめの隙を取ります。乱発は禁物。
また、一部の技(特に下スマッシュ、下必殺)が強力なのでこれらの技に頼りきってしまい、ワンパターンになることも。

必殺技紹介

[通常必殺技]でんげき

斜め下に電気の玉を放ち、それが地形にぶつかると、電撃となって
山形に地形をつたっていく。「ぴぃかあちゅ~」とね。
球体の状態のほうが威力は高い。

[横必殺技]ロケットずつき

一定時間ためたあと、横方向に突進(?)。
ためる長さによって、威力と速さ(これはちがうかも)が変わる。

ちなみに、横スマッシュの「ショート電撃」は発動直後に当てると、ため無しでもダメージ20%の高威力を誇る。

[上必殺技]でんこうせっか

素早い速さで、スティックを倒した方向へ移動。
二回できるので、上手くやれば細かい動きもできる。

最初に構えた時に、跳びたい方向にスティックを入力すると、ピカチュウがその方向に跳ぶ。
「ぴっ!」とね。
その間に素早く別の方向にスティックを入力すると、もう一度跳ぶ事が出来る。
「ぴっ!ぴっっ!!」とね。

二度目のジャンプは、最初に飛んだ方向と、38度以上角度が違わないと不可能なので注意。

[下必殺技]かみなり

自らの上方に雷雲を発生させ、雷を落として攻撃する。
落ちた雷が自分にヒットすると、体から放電する。
「ぴか~」とね。
範囲、威力、ふっとばし力も強まり、なかなかの攻撃に。
空中で無防備になっている敵の追撃にオススメ。

また、空中で横に移動しながら発動すれば隙が無くなる。
地形は貫通しないので注意が必要。

尚、雷は反射・吸収されてしまうので注意。
リュカなどに回復されないよう。
「いただきます!!」とね。
狙いすぎて読まれない事。

[最後の切りふだ]ボルテッカー

Aボタンで電撃攻撃。

ピカチュウ自らが光の玉となり、ステージ内を駆け回ります。
敵はこの光の玉に触れるだけでアウト!!

調子に乗って走り回っていると、最後の切りふだが空中で解け、そのまままっ逆さまなんてことも・・・・



ピカチュウのコンボ

上の幅が広いステージだと結構簡単にできます。

まず、50パーセント程度ためた中量級以下のキャラに、ある程度ためた下スマを当てます。
相手が吹っ飛んだら、その下に行ってピカァ~(下B)

これでうまくいけば撃墜できます。

かみなり「シャットダウン」

ピカチュウのかみなりは本体に当てると、横スマッシュよりふっとばしが高い。
しかし、かみなりがピカチュウにあたるまでが遅いため当てにくい。

崖つかまりをしている相手にかみなりを壁を作るように使うと当てやすい。

ピカチュウのかしこい復帰の仕方

横に吹っ飛ばされたら、でんこうせっかよりロケットずつきのほうがおススメ。
こちらのほうがスキがな空中攻撃につなげます。

大きく吹っ飛ばされても、まずはロケットずつき。
ある程度ステージに近づいたら、でんこうせっかを使いましょう。

ピカチュウの性別

ピカチュウの見分け方は、後ろにある尻尾。
三角にへこんでいるのがメスのピカチュウ。
スマブラに出ているのがオスのピカチュウ。

ピカチュウの強力技

ねずみ花火(下スマッシュ攻撃)はかなり強い。
まず下クイックボタン。
次にAボタンを押す。

これで、その場で強力な攻撃が行えるぞ。
ふっ飛びまくるので、敵が大勢いた場合に効果的。
連続で技を出すとより効果的だ。

ピカチュウで情け無用組み手のせこ技

意外と簡単なせこ技です。

1まずどちらでもいいので左右の崖に掴まります。

2そのあとわざと崖から手をはなし、すぐにジャンプします。
とても重要で、ジャンプが早すぎるとザコ敵に下空中攻撃で追撃されて即死です。
(特にグリーンには要注意です)
遅すぎてもだめです。かみなりを放って復帰するところで自滅してしまいます。

3すぐにかみなりを放ちます。

4でんこうせっかを上に放って崖に掴まります。
3でかみなりを放つのが遅すぎると崖に掴まれず、自滅してしまいます。

これだけです。
これはタイミングが重要ですね。